支部長挨拶

千代田支部長 金子 貴博

【支部長年頭挨拶】


 東京グラフィックサービス工業会の会員企業数も漸減傾向が続いており、令和2 年3 月31 日時点で300 社を割り込み、千代田支部の支部員も54 社となりました。この厳しい状況はまだまだ続きます。
 新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、2020 年度は世界的な経済混乱の中で幕を開けようとしている。期待された東京2020 大会による経済効果も限定的で、ほとんどの中小規模事業者にとっては蚊帳の外と言わざるを得ない。こうした厳しい環境に合った、千代田支部員にとって有益となるような支部の運営を進めてまいります。そして以下4 点を今年度の事業方針とします。

1、支部活動の活性化
 ここ数年、東京グラフィックス千代田支部でも会員企業の事業承継が活発化していす。事業承継後も新社長の方々が支部活動に参加しやすいような情報発信に努めてまいりす。また、他支部や本部各委員会活動とも連携し、支部員の企業活動に有益と感じてもらえるようなイベントを企画し、東京グラフィックス全体が活性化していくような体制作りを行ってまいります。

2、本部活動への積極的参加
 本部各委員会には千代田支部から必ず委員を選出し、委員会活動を積極的に行います。また、支部員への報告も行います。

3、支部員への広報活動の充実
 ホームページの更新、メーリング・リストによる情報発信が5 年目になり、配信内容も充実し、反響をいただけるようになりました。今年度はさらに支部内のコミュニケーションを活性化するため、支部活動がさらに充実するよう、双方向での情報交換を推し進めてまいります。

4、支部員の増強活動
 東京グラフィックスでは、「入会促進マニュアル」を作成しました。このマニュアルに沿って、テレアポなどによる入会促進、勧誘活動を行います。千代田支部もこれに協力し会員の増強を目指します。

 支部員の皆様にとって有益となるような活動に尽力してまいりますので、引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。